“teenager”

the word of today is …


“teenager”



ご存知の英単語ではないでしょうか。“teenager”です。



日本語の意味は「10代」です。



さて、いつものように恐怖の質問が投げかけられます。

“Could you tell me what“teenager”is?”


今日は、この質問に答えれるようになりましょう!


まず、日本語で「10代」を説明してみましょう。

(“teenager”は日本語では10代ですが、厳密に言うと、
語尾に“teen”が付く13〜19歳のこと。)


「13〜19歳の人」



では“核”となる部分を決めましょう。

今回の“teenager”は名詞ですから、ある名詞(代名詞)を核にして、
そこから文を広げていくパターンですね!


今回の核は「人」にしましょうか。


“person”です。



それでは、少しずつ説明文を作っていきましょう。

「〜の人」



a person who 〜 (※1)



「13〜19歳の人」



a person who is between thirteen and nineteen years old (※2)



↑コレが英英辞典に書かれている文です。ここまでできたら完璧です!



では、(※)のポイントを説明します。


※1 「核」の部分の名詞の冠詞をチェック!

“person”は、可算名詞です。
そして、イニシャルが子音の“p”ですので、
冠詞は“a”を用いましょう。



※2 主格の関係代名詞“who” & “between A and B”について

まずは、主格の関係代名詞“who”です。

筆記の文法問題なら得意な人も多い関係代名詞。
ただ、話すときに、これを用いることができる人は非常に少ないです。

例文です。
(a) I know a girl.

(b) She has four brothers.

この二つの文を主格の関係代名詞“who”を用いて一つの文にします。

(c) I know a girl who has four brothers.

(c)は、(a)の“a girl”に、それを説明する文(b)の“she”を連結したもの
です。「先行詞“a girl”=人」で、関係詞節(who以降の文)の中での役は
主語ですので、関係代名詞には“who”を用います。

今回の説明文も同様ですね!


続いて、“between A and B”です。

意味は「AとBの間」です。

例文です。
「彼は5時と6時の間は、いつも家にいます。」

“He is always here between 5 and 6 o'clock.”

こんな感じです。(↑この場合は“from 5 to 6 o'clock”でもOKです。)



では、もう一度“teenager”「10代」を英語で説明してみましょう。

(The word“teenager”means) a person who is between

thirteen and nineteen years old(.)

パチンコ・パチスロ攻略法 ネクストソリューションズ資料請求

実演指導好評実施中!素人でも勝てる方法が!!ネクストソリューションズの乱数変換直撃打法で「常勝」の2文字をプレゼント!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。