“upset”

the word of today is …


“upset”


ご存知の英単語“upset”です。


日本語の意味は「〜の気を動転させる」です。

「〜をひっくり返す」「〜を転覆させる」という意味もありますが、
今回は「〜の気を動転させる」でいきましょう!


そして、恐怖の質問が投げかけられます(笑)。

“Could you tell me what "upset" is?”


今日は、この質問に答えれるようになりましょう!


まず、日本語で「〜の気を動転させる」を説明してみましょう。

「誰かを悩ませたり、悲しくさせること」



では“核”となる部分を決めましょう。



今回は「〜にさせること」にしましょうか。

“to make”です。


「誰かを悩ませること」

to make somebody worry (※1)


「誰かを悩ませたり、悲しくさせること」

to make somebody worry or feel unhappy (※2)


↑コレが英英辞典に書かれている文です。ここまでできたら完璧です!


日本語で「動詞」の説明をする時って、どんな言い方をしますか?

A:「尋ねるって、どういう意味ですか?」

B:「何らかの情報を得るために、誰かに質問をすることですよ。」

Bさんが言ったように、「〜すること」という言い方をしますよね?
ですから「不定詞の名詞的用法」で始めるパターンがほとんどです。

動詞の説明をする時は、これを頭に入れておいて下さいね!



では、(※)のポイントを説明します。

※1 文頭には「不定詞の名詞的用法」を!

“upset”という単語が知らない人に対して「〜の気を動転させる」という
意味を伝えるということは、“upset”と同じ意味、もしくは似た意味の
英単語や熟語を知っている必要があります。

「私、知っている英単語が少ないから…。」

大丈夫です。出てくるたびに覚えていけば良いんです!
そのための英英辞典メルマガなんですからね!

最初は出来なくても徐々にできるようになります。
ご安心下さい!

「〜にさせる」の“make”が登場しています。使役動詞ですね。

不定詞の名詞的用法を用いて“to make”とすることによって、
「〜にさせること」となります。


※2 「使役動詞」の“make” & “or”で情報を補足する

まずは「使役動詞」の“make”です。

得意ですか?不得意ですか?

簡単に説明しますね。

使役動詞の代表格は3つあり、“make”“let”“have”です。
細かいことを言うと“get”や“help”などもあるんですが、これは、
頭の片隅に置いておくくらいでOKです。

“make”を用いる時の形式はコチラ。

(a) <S+V+O+名詞・形容詞・過去分詞>
(b) <S+V+O+原形不定詞>

“Histories make men wise.”「歴史は人を賢くする」
“She made him study.”「彼女は彼に勉強させた」

訳としては「〜させる」という強制のニュアンスが強いです。

ここで、もう一つ、“make”を使った例文を紹介します。
この文を言った(書いた)人が、どういうシチュエーションか考えて下さい。
訳例と、シチュエーションの答えは、最後にて!

“I had sex three times in one night. It made me feel like

a 20-year-old again.”



続きまして、何度も登場していますね。“or”です。

日本語で何かを説明する時、
「これは、〜というもので、…で、○○です。もしくは××です。」
という感じで、付け足し付け足ししながら、説明します。

英語でも同じです。

付け足す時に便利な単語の代表が3つあります。
“and”“with”そして、“or”です。

今回は“or”で補足説明しています。
「悩ませる」と「悲しくさせる」という違った例を2つ出すことにより、
知的な感じがグッと増し、「あの人は話せる人だな」と錯覚させることが
できますよ(笑)


では、もう一度“upset”「〜の気を動転させる」を英語で説明しましょう。

(The word“upset”means) to make somebody worry or feel unhappy(.)


さて、今日のポイントで紹介しました、例文の訳例と、その人の
シチュエーションです。

“I had sex three times in one night. It made me feel like

a 20-year-old again.”

「私は、一晩にセックスを3回もしました。再び20歳に戻ったような
気持ちにさせてくれました。」

この人は、おそらく精力が減退していた男性で、精力増強剤を使用したんだと
思います。そして、予想以上の結果が出たので、薬の製造業者か、販売店に、
感謝の言葉を送ったのだと思います。

それが、この文章だということですね。

日本よりも、露骨な表現への規制が緩い英語圏。

上記の言葉を売り文句のようにして、大きな看板広告が、道路脇に掲示されて
いることも、まれではないです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

最強の精力剤巨人倍増:キョジンバイゾウ
Excerpt: 巨人倍増の専門店e漢方特選館
Weblog: 巨人倍増のe漢方特選館
Tracked: 2006-10-17 01:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。