英単語「J」カテゴリの記事一覧

“jam”

the word of today is …


“jam”



ご存知の英単語です。“jam”です。



こんな日本語の意味があるのを知っていますか?
「(機械などが)故障する」です。



さて、いつものように恐怖の質問が投げかけられます。

“Could you tell me what“jam”is?”


今日は、この質問に答えれるようになりましょう!


まず、日本語で「故障する」を説明してみましょう。


「動かなくなったり、働かなくなること」



では“核”となる部分を決めましょう。

前回の“isolate”で言うところの“to separate”です。



今回の核は「〜になる」にしましょうか。


“to become”です。



それでは、少しずつ説明文を作っていきましょう。

「動かなくなること」



to become unable to move (※)


「動かなくなったり、働かなくなること」



to become unable to move or work


↑コレが英英辞典に書かれている文です。ここまでできたら完璧です!




日本語で「動詞」の説明をする時って、どんな言い方をしますか?

A:「尋ねるって、どういう意味ですか?」

B:「何らかの情報を得るために、誰かに質問をすることですよ。」

Bさんが言ったように、「〜すること」という言い方をしますよね?
ですから「不定詞の名詞的用法」で始めるパターンがほとんどです。

動詞の説明をする時は、これを頭に入れておいて下さいね!



では、(※)のポイントを説明します。


※ 文頭には「不定詞の名詞的用法」を!

“jam”という単語が知らない人に対して
「故障する」という意味を伝えるということは、
“jam”と同じ意味、もしくは似た意味の英単語や
熟語を知っている必要があります。

「私、知っている英単語が少ないから…。」

大丈夫です。出てくるたびに覚えていけば良いんです!
そのための英英辞典メルマガなんですからね!

最初は出来なくても徐々にできるようになります。
ご安心下さい!

「〜になる」という意味の“become”が登場しています。

不定詞の名詞的用法を用いて“to become”とすることによって、
「〜になること」となります。


「故障する」というニュアンスを出すために、
“unable”を使って「動きたくても動けない」という感じの文に
してみました。



では、もう一度“jam”「故障する」を英語で説明してみましょう。

(The word“jam“means) to become unable to move or work(.)

“joke”

the word of today is …


“joke”


ご存知の英単語ですね。“joke”です。


日本語の意味は「冗談」です。

以前、第35号でも“joke”を取り上げました。
この時は、動詞として“joke”を勉強しました。

今回は、名詞としての“joke”です。



さて、いつものように恐怖の質問が投げかけられます。

“Could you tell me what“joke”is?”


今日は、この質問に答えれるようになりましょう!


まず、日本語で「冗談」を説明してみましょう。


「人々を笑わせるために、(あなたが)言ったり、したりする何か」


では“核”となる部分を決めましょう。



核は「何か」にしましょうか。


“something”です。



それでは、少しずつ説明文を作っていきましょう。

「(あなたが)言ったり、したりする何か」



something that you say or do (※1)


「人々を笑わせるために、(あなたが)言ったり、したりする何か」



something that you say or do to make people laugh (※2)


↑コレが英英辞典に書かれている文です。ここまでできたら完璧です!


※1 「核」の部分をボンヤリ表現で逃げる(笑)

“something”は代名詞です。当然、冠詞は必要ありません。
また“something”の良いところは、「何か」という、何ともボンヤリとした
ニュアンスを醸し出すことができるところです(笑)。

日本語でも言いますよね?(特に関西弁)

「冗談っちゅうもんは、人を笑かす時に言うたり、やったりする、何かや。」
みたいな感じで。

オバチャンになると、
「昨日アンタが使ってたナニを、ナニして、アレしてくれた?」
みたいな、恐ろしい表現を使います(笑)。

抽象的な物(目に見えない物)を説明する時は、こういったボンヤリ表現を
「核」に据えることが多くなると思いますので、頭に入れておいて下さいね。


今回登場の関係代名詞の“that”は目的格ですね。
説明は省略しますが、チェックしておいて下さいね!


※2 使役動詞“make” & 不定詞の副詞的用法

まずは使役動詞の“make”です。

使役動詞の代表格は3つ“make”“let”“have”です。
“get”や“help”などもあるんですが、これらは、またの機会に。

形式としては
<S+V+O+原形不定詞>
です。

“My father made me study.”「父は私に勉強させた」

「〜させる」という強制のニュアンスが強いです。


続きまして、「不定詞の副詞的用法」です。
副詞的用法は「目的」「原因」「理由」「結果」などを表します。
今回の意味は「〜するために」という意味ですね。

例文です。
“He came here to say good bye.”「彼は別れを告げるために、ここへ来た。」

“to say”は「言うために」となり、直前の動詞“come”の目的を表します。


使役動詞、不定詞。
かなりのクセモノですが、使いこなせるようになるまで頑張りましょう!


では、もう一度“joke”「冗談」を英語で説明してみましょう。

(The word“joke”means) something that you say or do

to make people laugh(.)

“jog”

the word of today is …


“jog”


ご存知の英単語だと思います。“jog”です。


日本語の意味は「ジョギングする」です。
他にも色々意味はありますが、今回は「ジョギングする」でいきましょう!



さて、いつものように恐怖の質問が投げかけられます。

“Could you tell me what “jog” is?”


今日は、この質問に答えれるようになりましょう!


まず、日本語で「ジョギングする」を説明してみましょう。


「(特に)運動のために、長い時間ゆっくりと走ること」



では“核”となる部分を決めましょう。



今回は「〜走ること」にしましょうか。

“to run”です。



それでは、少しずつ説明文を作っていきましょう。

「長い時間ゆっくりと走ること」



to run slowly for a long time (※1)



「(特に)運動のために、長い時間ゆっくりと走ること」



to run slowly for a long time, especially for exercise (※2)


↑コレが英英辞典に書かれている文です。ここまでできたら完璧です!


日本語で「動詞」の説明をする時って、どんな言い方をしますか?

A:「尋ねるって、どういう意味ですか?」

B:「何らかの情報を得るために、誰かに質問をすることですよ。」

Bさんが言ったように、「〜すること」という言い方をしますよね?
ですから「不定詞の名詞的用法」で始めるパターンがほとんどです。

動詞の説明をする時は、これを頭に入れておいて下さいね!


では、(※)のポイントを説明します。

※1 文頭には「不定詞の名詞的用法」を!

“jog”という単語が知らない人に対して「ジョギングをする」という意味を
伝えるということは、“jog”と同じ意味、もしくは似た意味の英単語や
熟語を知っている必要があります。

「私、知っている英単語が少ないから…。」

大丈夫です。出てくるたびに覚えていけば良いんです!
そのための英英辞典メルマガなんですからね!

最初は出来なくても徐々にできるようになります。
ご安心下さい!

「走る」という意味の“run”が登場しています。

不定詞の名詞的用法を用いて“to run”とすることによって、
「走ること」となります。


さて“for a long time”が出てきました。
「長い間」という意味ですね。超メジャー熟語です。
サラッと言えるようになりましょう。


※2 “especially”を巧みに使う

“especially”が登場です。意味は「特に」です。

日本語でも、強調したい時に使いますよね。
「コレは○○というもので、××をしたり、●●をしたりします。
特に、☆☆に有効です。」
みたいな感じですね。

英語でも同じです。
“I like fruits, especially sour ones.”
「私は果物が好きです。特にすっぱいのが。」

コレに関しても、サラッと言えるようになりましょう!


では、もう一度“jog”「ジョギングする」を英語で説明してみましょう。

(The word“jog”means) to run slowly for a long time,

especially for exercise(.)

“jungle”

the word of today is …


“jungle”


ご存知の英単語“jungle”です。


日本語の意味は「(熱帯の)密林湿地帯」です。
日本語でも「ジャングル」で通ってますけどね。


さて、いつものように恐怖の質問が投げかけられます(笑)。

“Could you tell me what "jungle" is?”


今日は、この質問に答えれるようになりましょう!


まず、日本語で「(熱帯の)密林湿地帯」を説明してみましょう。

「熱帯の国にある、生い茂った森」



では“核”となる部分を決めましょう。



今回は「森」にしましょうか。

“a forest”です。


「生い茂った森」

a dense forest (※1)


「熱帯の国にある、生い茂った森」

a dense forest in a tropical country (※2)


↑コレが英英辞典に書かれている文です。ここまでできたら完璧です!


では、(※)のポイントを説明します。

※1 「核」の部分の名詞の冠詞をチェック!

“forest”は、可算名詞です。
そして、イニシャルが子音の“f”なので、“a”を用いましょう。
また、特定する必要はないので、“the”にする必要はありませんね。
(ジャングルは、たくさんありますからね。)

さて“dense”「密集した」「濃い」という形容詞が登場しています。
木々の密集具合を表したり、または、硬い木の場合、木の年輪が非常に
細かいという言い方をします。これも、“dense”で表します。
あと、霧の濃さなども表します。


※2 服部道雄的見解“a country”か“countries”か。

私が愛用している英英辞典では、上記のように、
“a dense forest in a tropical country”
「熱帯の国にある、生い茂った森」
と、表記されています。

コレに関しては、間違いなく正解です。

ただ、
“a dense forest in tropical countries”
「熱帯の国々にある、生い茂った森」
と、言ってもOKと思います。

「この熱帯の国」という特定の必要はありませんから、
もちろん“the”では間違いです。

熱帯の国はたくさんあるわけですし、“countries”と言って、
「国々」と言った方が、広い意見を言ってる気がしまして(笑)。


では、もう一度“jungle”「(熱帯の)密林湿地帯」を
英語で説明してみましょう。

(The word“jungle”means) a dense forest in a tropical country(.)

“joke”

the word of today is …


“joke”


ご存知の英単語“joke”です。


日本語の意味は「冗談を言う」です。



そして、恐怖の質問が投げかけられます(笑)。

“Could you tell me what "joke" is?”


今日は、この質問に答えれるようになりましょう!


まず、日本語で「冗談を言う」を説明してみましょう。

「人々を笑わせるために、何かを言うこと」


さて“核”となる部分を決めます。

前回の“increase”で言うところの“to become”です。


そして、どうするんでしたっけ??


そうです。ここへドンドンと補足をしていくんです!



核にする部分は「言うこと」にしてみましょう。

“to say”です。



「何かを言うこと」

to say something (※1)


「人々を笑わせるために、何かを言うこと」

to say something to make people laugh (※2)


↑コレが英英辞典に書かれている文です。ここまでできたら完璧です!


日本語で「動詞」の説明をする時って、どんな言い方をしますか?

A:「尋ねるって、どういう意味ですか?」

B:「何らかの情報を得るために、誰かに質問をすることですよ。」

Bさんが言ったように、「〜すること」という言い方をしますよね?
ですから「不定詞の名詞的用法」で始めるパターンがほとんどです。

動詞の説明をする時は、これを頭に入れておいて下さいね!


では、(※)のポイントを説明します。

※1 文頭には「不定詞の名詞的用法」を!

“joke”という単語が知らない人に対して「冗談を言う」という意味を
伝えるということは、“increase”と同じ意味、もしくは似た意味の
英単語や熟語を知っている必要があります。

「私、知っている英単語が少ないから…。」

大丈夫です。出てくるたびに覚えていけば良いんです!
そのための英英辞典メルマガなんですからね!

最初は出来なくても徐々にできるようになります。
ご安心下さい!

「言う」の“say”が登場しています。基本中の基本単語ですね。

不定詞の名詞的用法を用いて“to say”とすることによって、
「言うこと」となります。


※2 使役動詞“make”& 不定詞の副詞的用法「〜するために」

前回に引き続いて登場の「使役動詞」です。
今回も軽く説明しますね。

使役動詞の代表格は3つあり、“make”“let”“have”です。
細かいことを言うと“get”や“help”などもあるんですが、これは、
頭の片隅にでも置いててもらうだけで結構です。

形式は<S+V+O+原形不定詞>です。

“She made him study.”「彼女は彼に勉強させた」

訳としては「〜させる」という強制のニュアンスが強いです。


続きまして、「不定詞の副詞的用法」です。
副詞的用法は「目的」「原因」「理由」「結果」などを表します。

例文です。
“I came here to see her.”「彼女に会うために、ここへ来た」

“to see”は「会うために」となり、直前の動詞“come”の目的を表します。

“to say something to make people laugh”
不定詞が2つ出てきています。
パッと見て、どの用法か分かるには時間がかかりますが、別に気にする必要は
ありません。見分けがつかなくったって、十分話せるようになりますから!

続けることが一番大事なんです。


では、もう一度“joke”「冗談を言う」を英語で説明してみましょう。

(The word“joke”means) to say something to make people laugh(.)

“January”

the word of today is …


“January”



中学生の時に12個まとめて無理やり覚えさせられた内の一つ、

“January”です。


日本語の意味は「1月」です。



そこへ、恐怖の質問が投げかけられます(笑)。

“Could you tell me what "January" is?”



今日は、この質問に答えれるようになりましょう!



日本語で「1月」を説明してみましょう。

「1年の最初の月で、12月と2月の間」



では“核”となる単語(名詞句)を決めましょう。



そして、どうするんでしたっけ??


そうです。ここへドンドンと補足をしていくんです!



今回は「月」を核にしてみましょう。

“month”です。



「最初の月」

the first month (※1)


「1年の最初の月」

the first month of the year (※2)


「1年の最初の月で、12月と2月の間」

the first month of the year between December and February (※3)



↑コレが英英辞典に書かれている文です。ここまでできたら完璧です!




では、(※)のポイントを説明します。

※1 名詞が出てきたら「冠詞」をチェック!

“month”は、可算名詞(数えられる名詞)です。

そして“first month”となることで、唯一無二のものに変身します。

ですから、特定する必要がありますので、

今回の「冠詞」“the”です!


ちなみに、“first”の前に来る冠詞は、99.9%“the”です。
これは、英文法上のルールですから、頭の片隅にでも置いてて下さいね!


※2 「所属」の“of”

Vol.6 ※1 で紹介しました「所属」の“of”

くどいようですが復習しましょう。

“a member of the team”「そのチームのメンバーの一人」

“a friend of my dad”「私のパパの友人のうちの一人」

このように、“of”の前の名詞が“of”直後の名詞に属することを意味します。

ここで大事なのが、“of”直後の名詞は特定する必要があること。

ですから、“the”もしくは“所有格”を要します。


※3 前置詞“between”

これも、Vol.6 ※1 で紹介しましたね。

“between A and B”「AとBの間」ですね。

では、例題。英訳してみて下さい。

「オレンジ色は、赤と黄色の中間だ。」(色は全て不可算名詞です)

できましたか?

“Orange is between red and yellow.”ですね。


“December”も“February”も固有名詞ですから、冠詞は必要ありません。
唯一無二ですもんね!


では、もう一度“January”「1月」を英語で説明してみましょう。

(The word“January”means) the first month of the year between

December and February(.)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。