“obey”

the word of today is …


“obey”



ご存知の英単語だと思います。“obey”です。


日本語の意味は「〜に従う」です。



さて、いつものように恐怖の質問が投げかけられます。

“Could you tell me what“obey”is?”


今日は、この質問に答えれるようになりましょう!


まず、日本語で「〜に従う」を説明してみましょう。


「(あなたが)するように言われたことをすること」



では“核”となる部分を決めましょう。

今回の“obey”は動詞ですから、ある動詞の名詞的用法を核にして、
そこから文を広げていくパターンですね!


今回の核は「すること」にしましょうか。


“to do”です。



それでは、少しずつ説明文を作っていきましょう。

「〜なことをすること」



to do what 〜 (※1)


「(あなたが)するように言われたことをすること」



to do what you are told to do (※2)


↑コレが英英辞典に書かれている文です。ここまでできたら完璧です!


日本語で「動詞」の説明をする時って、どんな言い方をしますか?

A:「尋ねるって、どういう意味ですか?」

B:「何らかの情報を得るために、誰かに質問をすることですよ。」

Bさんが言ったように、「〜すること」という言い方をしますよね?
ですから「不定詞の名詞的用法」で始めるパターンがほとんどです。

動詞の説明をする時は、これを頭に入れておいて下さいね!


では、(※)のポイントを説明します。


※1 文頭には「不定詞の名詞的用法」を!

“obey”という単語が知らない人に対して「〜に従う」という意味を
伝えるということは、“obey”と同じ意味、もしくは似た意味の英単語や
熟語を知っている必要があります。

「私、知っている英単語が少ないから…。」

大丈夫です。出てくるたびに覚えていけば良いんです!
そのための英英辞典メルマガなんですからね!

最初は出来なくても徐々にできるようになります。
ご安心下さい!

「〜をする」という意味の“do”が登場しています。

不定詞の名詞的用法を用いて“to do”とすることによって、
「すること」となります。



※2 関係代名詞“what”について

嫌われ者の関係代名詞“what”の登場です(笑)。

例えば、英語圏の人と英語で話をしていて、キチンと聞き取れなかったりして
頭の上に「?」が出ているような顔をしていると、

“Do you know what I mean?”
「私が意味することが分かりますか?」→「言ってることが分かりますか?」
と言われます。

基本的にこういった使い方です。「〜なこと」「〜なもの」という意味です。

いくつか使い方を挙げておきます。

“That is what we have been wait for.”(主格補語)
「それこそ私が待ち望んでいたことです。」

“We simply did what we were told.”(動詞の目的語)
「私たちは、言われたことをやったのみです。」

“I thanked him for what he had done for me.”(前置詞の目的語)
「私は、彼がしてくれたことに対してお礼を言いました。」

関係代名詞に関しては、会話で使えるようになるまで時間がかかります。
焦らずにじっくりといきましょう!



では、もう一度“obey”「〜に従う」を英語で説明してみましょう。

(The word“obey”means) to do what you are told to do(.)

“oversleep”

the word of today is …


“oversleep”



ご存知の英単語だと思います。“oversleep”です。



日本語の意味は「寝過ごす、朝寝坊する」です。


さて、いつものように恐怖の質問が投げかけられます。

“Could you tell me what“oversleep”is?”


今日は、この質問に答えれるようになりましょう!


まず、日本語で「寝過ごす」を説明してみましょう。


「(あなたが)意図していたより長く寝ること」



では“核”となる部分を決めましょう。

今回の“oversleep”は動詞ですから、ある動詞の名詞的用法を核にして、
そこから文を広げていくパターンですね!


今回の核は「寝ること」にしましょうか。


“to sleep”です。



それでは、少しずつ説明文を作っていきましょう。

「〜より長く寝ること」



to sleep longer than 〜 (※1)


「(あなたが)意図していたより長く寝ること」



to sleep longer than you intended (※2)


↑コレが英英辞典に書かれている文です。ここまでできたら完璧です!


日本語で「動詞」の説明をする時って、どんな言い方をしますか?

A:「尋ねるって、どういう意味ですか?」

B:「何らかの情報を得るために、誰かに質問をすることですよ。」

Bさんが言ったように、「〜すること」という言い方をしますよね?
ですから「不定詞の名詞的用法」で始めるパターンがほとんどです。

動詞の説明をする時は、これを頭に入れておいて下さいね!



では、(※)のポイントを説明します。


※1 文頭には「不定詞の名詞的用法」を!

“oversleep”という単語が知らない人に対して
「寝過ごす」という意味を伝えるということは、
“oversleep”と同じ意味、もしくは似た意味の英単語や
熟語を知っている必要があります。

「私、知っている英単語が少ないから…。」

大丈夫です。出てくるたびに覚えていけば良いんです!
そのための英英辞典メルマガなんですからね!

最初は出来なくても徐々にできるようになります。
ご安心下さい!

「寝る」という意味の“sleep”が登場しています。

不定詞の名詞的用法を用いて“to sleep”とすることによって、
「寝ること」となります。



※2 比較級について

まずは「比較級」を説明します。
基本的過ぎて笑ってしまいそうですが、確認しておきましょう!

例文です。
“Alan is taller than Jo (is).” 「アランはジョーより背が高い。」
“Danny runs faster than Ben (does).” 「ダニーはベンより速く走る。」

基本はこんな感じですね。

では、私のドラゴンボール無料レポートでも出てきた、
次の文はどう訳すでしょう。

「悟空は、ボクが思っていたより速い。」

  ↓答えはコチラ

“Goku is faster than I thought.”

今回の“oversleep”の文は↑この文を応用します。

「ボクが思っていたより」を「あなたが意図していたより」に換えれば、
分かったも同然ですよね。



では、もう一度“oversleep”「寝過ごす」を英語で説明してみましょう。

(The word“oversleep”means) to sleep longer than you intended(.)

“overwork”

the word of today is …


“overwork”



ご存知の英単語だと思います。“overwork”です。



日本語の意味は「こき使う」です。

他にも色々と似た意味がありますが、今回は「こき使う」でいきましょう!



さて、いつものように恐怖の質問が投げかけられます。

“Could you tell me what“overwork”is?”


今日は、この質問に答えれるようになりましょう!


まず、日本語で「こき使う」を説明してみましょう。


「人や動物を、過度に働かせること」



では“核”となる部分を決めましょう。

前回の“negotiate”で言うところの“to try”です。



今回の核は「〜させること」にしましょうか。


“to make”です。



それでは、少しずつ説明文を作っていきましょう。

「人を働かせること」



to make a person work (※1)


「人や動物を、過度に働かせること」



to make a person or an animal work too hard (※2)


↑コレが英英辞典に書かれている文です。ここまでできたら完璧です!



日本語で「動詞」の説明をする時って、どんな言い方をしますか?

A:「尋ねるって、どういう意味ですか?」

B:「何らかの情報を得るために、誰かに質問をすることですよ。」

Bさんが言ったように、「〜すること」という言い方をしますよね?
ですから「不定詞の名詞的用法」で始めるパターンがほとんどです。

動詞の説明をする時は、これを頭に入れておいて下さいね!



では、(※)のポイントを説明します。


※1 文頭には「不定詞の名詞的用法」を & 使役動詞“make”

“overwork”という単語が知らない人に対して
「こき使う」という意味を伝えるということは、
“overwork”と同じ意味、もしくは似た意味の英単語や
熟語を知っている必要があります。

「私、知っている英単語が少ないから…。」

大丈夫です。出てくるたびに覚えていけば良いんです!
そのための英英辞典メルマガなんですからね!

最初は出来なくても徐々にできるようになります。
ご安心下さい!

「〜させる」という意味の“make”が登場しています。

不定詞の名詞的用法を用いて“to make”とすることによって、
「〜させること」となります。


“make”には「作る」という意味の他に、
「〜させる」という意味があります。
使役動詞の“make”ですね。
簡単に説明します。

使役動詞の代表格は3つあり、“make”“let”“have”です。

形式は<S+V+O+原形不定詞>です。

“She made him study.”「彼女は彼に勉強させた」

訳としては「〜させる」という強制のニュアンスが強いです。

そして、<S+V+O+C>です。

Cは「名詞」「形容詞」「過去分詞」です。

“He made me angry.”「彼は私を怒らせた」

会話の中でも使役動詞はかなり使います。
使いこなせるようになるまで頑張りましょうね!



※2 冠詞に気をつける!

“a person”と“an animal”の冠詞に気をつけましょう。

“the”じゃないのか?

この場合は違います。

なぜか?

仮に
“to make the person or the animal work too hard”
としてしまうと、

「その人もしくは、その動物」
という風になり、人も動物も限定されてしまいます。

どの人でもどの動物でも、こき使われる可能性がありますので、
限定せずに表した方がいいです。

ですから、不定冠詞の“a”“an”を用いましょう。

“animal”のイニシャルは、母音の“a”なので、“an”を用いましょう。



では、もう一度“overwork”「こき使う」を英語で説明してみましょう。

(The word“overwork”means) to make a person or an animal work

too hard(.)

“omen”

the word of today is …


“omen”



日本語の意味は「前兆」です。

「オーメン」という映画がありますよね。

あれは、「悪い前兆」なんでしょうね。
ちなみに、「良い前兆」「悪い前兆」両方で使えます。


さて、いつものように恐怖の質問が投げかけられます。

“Could you tell me what“omen”is?”


今日は、この質問に答えれるようになりましょう!


まず、日本語で「前兆」を説明してみましょう。


「未来に起こる何かのサイン」


では“核”となる部分を決めましょう。



今回の核は「サイン」にしましょうか。


“sign”です。



それでは、少しずつ説明文を作っていきましょう。

「何かのサイン」



a sign of something (※1)


「未来に起こる何かのサイン」



a sign of something that is going to happen in the future (※2)


↑コレが英英辞典に書かれている文です。ここまでできたら完璧です!


※1 「核」の部分の名詞の冠詞をチェック!

“sign”は、(意外にも)可算名詞です。
そして、イニシャルが子音の“s”ですので、
冠詞は“a”を用いましょう。


“a sign of 〜”で「〜のしるし」「〜の表れ」という意味になります。

“a sign of thanks”「感謝のしるし」
“a sing of the times ”「時勢の表れ」


※2 主格の関係代名詞“that”

「主格」の関係代名詞“that”です。

“the letter that arrived just now”「たった今着いた手紙」

“that”=「the letter」

“that”が主語、“arrived”が動詞ということで、
S+Vが成立します。

この場合は、「主格」の関係代名詞“that”になります。

今回の場合もこれが成立しますね。
“a sign of something that is going to happen in the future”

“something”=“that”ですね。


あと、“future”ですが、普通は“in the future”というように、
“the”をつけます。

“in the morning”“in the evening”などと同様です。
覚えておきましょう!


では、もう一度“omen”「前兆」を英語で説明してみましょう。

(The word“omen”means) a sign of something that is going to happen

in the future(.)

“observe”

the word of today is …


“observe”


ご存知の英単語だと思います。“observe”です。


日本語の意味は「観察する」です。

「オブザーバー」という日本語がありますね。
「観察する人」「監視する人」みないな意味で。
これは、“observe”からできた言葉です。



さて、いつものように恐怖の質問が投げかけられます。

“Could you tell me what “observe” is?”


今日は、この質問に答えれるようになりましょう!


まず、日本語で「観察する」を説明してみましょう。


「誰かもしくは何かを注意して見ること。特に(それについて)もっと知るため」



では“核”となる部分を決めましょう。



今回は「見ること」にしましょうか。

“to watch”です。



それでは、少しずつ説明文を作っていきましょう。

「誰かもしくは何かを注意して見ること」



to watch carefully somebody or something (※1)


「誰かもしくは何かを注意して見ること。特に(それについて)もっと知るため」



to watch carefully somebody or something, especially to learn more

about it (him or her) (※2)


↑コレが英英辞典に書かれている文です。ここまでできたら完璧です!


日本語で「動詞」の説明をする時って、どんな言い方をしますか?

A:「尋ねるって、どういう意味ですか?」

B:「何らかの情報を得るために、誰かに質問をすることですよ。」

Bさんが言ったように、「〜すること」という言い方をしますよね?
ですから「不定詞の名詞的用法」で始めるパターンがほとんどです。

動詞の説明をする時は、これを頭に入れておいて下さいね!



では、(※)のポイントを説明します。

※1 文頭には「不定詞の名詞的用法」を!

“nod”という単語が知らない人に対して「うなずく」という意味を
伝えるということは、“nod”と同じ意味、もしくは似た意味の英単語や
熟語を知っている必要があります。

「私、知っている英単語が少ないから…。」

大丈夫です。出てくるたびに覚えていけば良いんです!
そのための英英辞典メルマガなんですからね!

最初は出来なくても徐々にできるようになります。
ご安心下さい!

「見る」という意味の“watch”が登場しています。楽勝ですね。

不定詞の名詞的用法を用いて“to watch”とすることによって、
「見ること」となります。


※2 “watch”“look”“see”の比較 & “especially”を巧みに使う

3つとも意味としては「見る」ということで共通ですが、
若干、違いがあります。比較してみましょう!

“watch”「じっと見ている」「見守る」「注意して見る」
このような感じです。ただ、“watch”は動かないものには用いませので、
“Watch this picture.”とは言いません。
TVの場合、画面の中が動いているので“watch”を使うことができます。

“look”「見ようとする」「視線を向ける」「気をつける」
このような感じです。集中度合いは“watch”よりも少し落ちます。

“see”「見える」「目に入る」
このような感じです。“listen”と“hear”でいうところの“hear”です。
「見る」という意識そのものは極めて低いです。

ですから、今回の場合は“watch”が最適なワケです。



続いて、“especially”が登場です。意味は「特に」です。

日本語でも、強調したい時に使いますよね。
「コレは○○というもので、××をしたり、●●をしたりします。
特に、☆☆に有効です。」
みたいな感じですね。

英語でも同じです。
“I like fruits, especially sour ones.”
「私は果物が好きです。特にすっぱいのが。」

コレに関しても、サラッと言えるようになりましょう!


では、もう一度“observe”「観察する」を英語で説明してみましょう。

(The word“observe”means) to watch carefully somebody or something,

especially to learn more about it (him or her)(.)

“oasis”

the word of today is …


“oasis”


ご存知の英単語だと思います。“oasis”です。


日本語の意味は「オアシス」です。そのままですね。


さて、いつものように恐怖の質問が投げかけられます(笑)。

“Could you tell me what "oasis" is?”


今日は、この質問に答えれるようになりましょう!


まず、日本語で「オアシス」を説明してみましょう。

「砂漠の中にある場所で、水があり、植物が育つ(場所)」



では“核”となる部分を決めましょう。



今回は「場所」にしましょうか。

“an area”です。


「砂漠の中にある場所」

an area in the desert (※1)


「砂漠の中にある場所で、水があり、植物が育つ(場所)」

an area in the desert where there is water and

where plants grow (※2)


↑コレが英英辞典に書かれている文です。ここまでできたら完璧です!


では、(※)のポイントを説明します。

※1 「核」の部分の名詞の冠詞をチェック!

“area”は、可算名詞です。(「場所」という意味の場合)
そして、イニシャルが子音の“a”なので、“an”を用いましょう。
また、特定する必要はないので、“the”にする必要はありませんね。
(オアシスは、複数ありますからね。)


※2 関係副詞“where”

久々の登場、関係副詞です。
やや深めに説明しますね。

関係副詞には、“where”“when”“why”“how”があり、
関係代名詞が「接続詞と代名詞」を兼ねるのに対して、
関係副詞は、「接続詞と副詞」の働きをします。そのままですね(笑)。

今回の“where”を使って例文を出しますね。

(A) I remember the place. + (B) I first met you at the place.

(A)+(B)“I remember the place where I first met you.”
「私は、初めてあなたに会った場所を覚えています。」

“where = at which”です。関係代名詞を用いて表すと“at which”です。

関係副詞を用いると“where”の1語で表せます。

先行詞が場所を表す語“where”
先行詞が時を表す語 “when”
先行詞が理由を表す語“why”
先行詞なし “how”

“when”“why”“how”については、登場したら説明しますね。


今回の“oasis”のように場所を説明する際は、関係副詞の“where”を
用いて説明するパターンが非常に多いと思います。

英語圏の方々が知らないような日本の有名な観光地などを説明する際に、
サラっと“where”が出てきたら、何とカッコいいことでしょう!

是非、覚えておきたいですね!


では、もう一度“oasis”「オアシス」を英語で説明してみましょう。

(The word“oasis”means) an area in the desert

where there is water and where plants grow(.)

“order”

the word of today is …


“order”


ご存知の英単語“order”です。


日本語の意味は、レストランなどで「〜を注文する」です。

「〜を指示する」「〜するように命じる」などの意味もありますが、
今回は「〜を注文する」でいきましょう!



そして、恐怖の質問が投げかけられます(笑)。

“Could you tell me what "order" is?”


今日は、この質問に答えれるようになりましょう!


まず、日本語で「〜を注文する」を説明してみましょう。

「レストランやバーなどで、食べたり飲んだりするために、
何か(物)を要求すること」



では“核”となる部分を決めましょう。

「要求すること」にしましょうか。

“to ask for”です。


「何かを要求すること」

to ask for something (※1)


「食べたり飲んだりするために、何か(物)を要求すること」

to ask for something to eat or drink (※2)


「レストランやバーなどで、食べたり飲んだりするために、
何か(物)を要求すること」

to ask for something to eat or drink in a restaurant, bar, etc (※3)


↑コレが英英辞典に書かれている文です。ここまでできたら完璧です!


日本語で「動詞」の説明をする時って、どんな言い方をしますか?

A:「尋ねるって、どういう意味ですか?」

B:「何らかの情報を得るために、誰かに質問をすることですよ。」

Bさんが言ったように、「〜すること」という言い方をしますよね?
ですから「不定詞の名詞的用法」で始めるパターンがほとんどです。

動詞の説明をする時は、これを頭に入れておいて下さいね!



では、(※)のポイントを説明します。

※1 文頭には「不定詞の名詞的用法」を!

“order”という単語が知らない人に対して「注文する」という意味を
伝えるということは、“order”と同じ意味、もしくは似た意味の英単語や
熟語を知っている必要があります。

「私、知っている英単語が少ないから…。」

大丈夫です。出てくるたびに覚えていけば良いんです!
そのための英英辞典メルマガなんですからね!

最初は出来なくても徐々にできるようになります。
ご安心下さい!

「要求する」の“ask for”が登場しています。おなじみですね。

不定詞の名詞的用法を用いて“to ask for”とすることによって、
「要求すること」となります。


※2 「目的」を表す不定詞の副詞的用法(〜するために)

※1もそうですが、文法問題、読解問題なら、割とすんなりと分かる不定詞。
ところが、話すとなると難しいんです。

続けて練習して、マスターしましょうね。

例文です。
“I got up early to catch the train.”
「電車に間に合うように早く起きた。」

“to catch”は「電車をつかまえるため」→「電車に間に合うため」ですね。

コレをすんなりと言えたら、会話できる範囲が広がります!


余談ですが、なぜ“a train”ではなく“the train”なのか分かりますか?
“train”を特定する必要があるからです。

なぜか?

どの電車でも良いわけではないですよね?
「(時間に)間に合う電車」という特定をするためです。


※3 “etc”「〜など」について

さて、またまた登場の“etc”。
文書や、メールなどでは「〜など」というときに“etc”を用います。
英英辞典も、“etc”を用います。

なぜか?

それは、表記されている英文だからです。
話すときに“etc”とは、あまり言いません。

話すときは“or something”と言います。
コレがサラっと言えると、サラっと言えない人を
「あ!あの人、話せる人なのかな?」
という、錯覚に陥れさせることができます(笑)。

何度も使った例ですが、紹介しますね。

“Let's have tea!”「お茶を飲みに行こう!」

“Let's have tea or something!”「お茶でも飲みに行こう!」

2つ目の文の方がイケてますよね?響きが。
サラっと言えるようになれたらカッコいいですよ!


あと、“in a restaurant”の“a”を忘れないように!

“the”ではなく“a”です。

どのレストランでもバーでもOKですからね!


では、もう一度“order”「〜を注文する」を英語で説明してみましょう。

(The word“order”means) to ask for something to eat or drink

in a restaurant, bar, etc(.)

“octopus”

the word of today is …


“octopus”



この英単語、皆さんご存知ですか?あまり馴染みが無いかもしれませんね。
英語圏でお寿司屋さんに行くと、必ずメニューで目にする“octopus”です。


日本語の意味は「たこ」です。



そして、恐怖の質問が投げかけられます(笑)。

“Could you tell me what "octopus" is?”



今日は、この質問に答えれるようになりましょう!



日本語で「たこ」を説明してみましょう。

「軟らかい体と八本の長い脚を持つ、海の生き物」




では“核”となる単語(名詞句)を決めましょう。



そして、どうするんでしたっけ??


そうです。ここへドンドンと補足をしていくんです!



今回は、「生き物」を核にしてみましょう。


“creature”です。少し難しい単語ですね。
でも、よく使いますから覚えましょう!

代わりに“animal”を用いてもOKでしょうね。



「海の生き物」

a sea creature (※1)


「軟らかい体の、海の生き物」

a sea creature with a soft body (※2)


「軟らかい体と八本の長い脚を持つ、海の生き物」

a sea creature with a soft body and eight long legs (※3)


↑コレが英英辞典に書かれている文です。ここまでできたら完璧です!


(※)のポイントを説明します。

※1 「名詞」が出てきたら冠詞をチェック!

今回の“creature”は、可算名詞(数えられる名詞)です。

そして、特定する必要もありません。(“octopus”は、たくさんいます!)。

ですから、不定冠詞“a”を用います。

あと“sea”は「海」という名詞ですが、「海の」という形容詞的な意味も
あります。簡単で便利ですから覚えましょう!


※2 「所有」の“with”

「頻度A」の“with”です(笑)。
早く使いこなせるようになりたいものです。

“a samurai with blue eyes”
「青い目を持つサムライ」→「青い目のサムライ」

ザ・ラストサムライのトム・クルーズ、もしくは、今は亡き空手家
アンディ・フグの肩書きでお馴染みですね。

この要領と同じです。

“soft”は「やわらかい」という意味です。
他にも色々ありますが、同じようなニュアンスの意味です。


※3 たこの「脚?」「腕?」「触手?」

“a soft body and eight long legs”「軟らかい体と八本の長い脚」

これの文法に関してはOKですか?

ただ、少し引っかかる部分がありませんか?
「脚」なのか「腕」なのか「触手」なのか、どれが正しいんでしょうか?

答えは…、

どれでもOKです!

ちなみに、
「腕」→“arm”
「触手」→“tentacle”

雑談になりますが、ドラクエ2(3?)で、船で旅することが可能になり、
海のモンスターとも戦う機会があったかと思います。

「大王イカ」が進化したモンスターで、
「テンタクルス」っていませんでしたか?
緑のイカです。2回攻撃してくるやつ。

この「テンタクルス」の名前の由来は「触手」の複数形“tentacles”では
ないかと思います。

何の話やねん(笑)。


では、もう一度“octopus”「たこ」を英語で説明してみましょう。

(The word“octopus”means) a sea creature with a soft body and

eight long legs(.)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。