英単語「S」カテゴリの記事一覧

“scandal”

the word of today is …


“scandal”



ご存知の英単語だと思います。“scandal”です。



日本語の意味は「スキャンダル、醜事」です。


さて、いつものように恐怖の質問が投げかけられます。

“Could you tell me what“scandal”is?”


今日は、この質問に答えれるようになりましょう!


まず、日本語で「スキャンダル」を説明してみましょう。


「人々にショックを与える振る舞い、状況、行動」



では“核”となる部分を決めましょう。

今回の“scandal”は名詞ですから、ある名詞(代名詞)を核にして、
そこから文を広げていくパターンですね!


今回の核は「振る舞い」にしましょうか。


“behaviour”です。



それでは、少しずつ説明文を作っていきましょう。

「人々にショックを与える振る舞い」



a behaviour that shocks people (※1)


「人々にショックを与える振る舞い、状況、行動」



a behaviour, situation or an action that shocks people (※2)


↑コレが英英辞典に書かれている文です。ここまでできたら完璧です!


では、(※)のポイントを説明します。


※1 「核」の部分の名詞の冠詞をチェック & 主格の関係代名詞“that”

“behaviour”は、可算名詞です。
そして、イニシャルが子音の“b”ですので、
冠詞は“a”を用いましょう。


続きまして、主格の関係代名詞“that”です。
例文です。
“a samurai that has blue eyes”「青い目のサムライ」
日本人のように武士道精神を持っている人を言う時に使われる表現ですね。

“that”以下に、どんなサムライかという説明がされています。

“a behaviour that shocks people”

今回の“scandal”の説明文も、“that”以下に、
どんな「振る舞い」かという説明がされていますね。



※2 “a”と“an”

(A)“a behaviour, situation or an action that shocks people”

(B)“a behaviour, situation or action that shocks people”

この2つの文は“or”を用いることで冠詞を省略しています。
省略せずに言うと、

(A)“a behaviour, a situation or an action that shocks people”

(B)“a behaviour, a situation or a action that shocks people”

となります。

“action”は、イニシャルが“a”なので、冠詞は“an”ですね。
ですから、
“a behaviour, situation or an action 〜”としましょう。



では、もう一度“scandal”「スキャンダル、醜事」を
英語で説明してみましょう。

(The word“scandal”means) a behaviour, situation or an action

that shocks people(.)

“seek”

the word of today is …


“seek”



ご存知の英単語だと思います。“seek”です。



日本語の意味は「〜を探す」です。



さて、いつものように恐怖の質問が投げかけられます。

“Could you tell me what“seek”is?”


今日は、この質問に答えれるようになりましょう!


まず、日本語で「〜を探す」を説明してみましょう。


「何かを見つけようとすること」



では“核”となる部分を決めましょう。


今回の核は「〜しようとすること」にしましょうか。


“to try”です。



それでは、説明文を作りましょう。
いつもなら順序を踏みますが、今回は短いので一気に作りますね。

「何かを見つけようとすること」



to try to find something (※)


↑コレが英英辞典に書かれている文です。ここまでできたら完璧です!



日本語で「動詞」の説明をする時って、どんな言い方をしますか?

A:「尋ねるって、どういう意味ですか?」

B:「何らかの情報を得るために、誰かに質問をすることですよ。」

Bさんが言ったように、「〜すること」という言い方をしますよね?
ですから「不定詞の名詞的用法」で始めるパターンがほとんどです。

動詞の説明をする時は、これを頭に入れておいて下さいね!



では、(※)のポイントを説明します。


※ 文頭には「不定詞の名詞的用法」を!

“seek”という単語が知らない人に対して
「〜を探す」という意味を伝えるということは、
“seek”と同じ意味、もしくは似た意味の英単語や
熟語を知っている必要があります。

「私、知っている英単語が少ないから…。」

大丈夫です。出てくるたびに覚えていけば良いんです!
そのための英英辞典メルマガなんですからね!

最初は出来なくても徐々にできるようになります。
ご安心下さい!

「〜しようとする」という意味の“try”が登場しています。

不定詞の名詞的用法を用いて“to try”とすることによって、
「〜しようとすること」となります。

さて、この“try”ですが、
“try to do”“try doing”で意味が変わってきます。
前者が「〜しようと努力する」、後者が「〜をやってみる」となります。

“try to do”は「やろうとするが、実際やったかは分からない」
“try doing”は「やってみる」
という意味があります。

過去形も意味が違います。例文を使って説明しますね。
“I tried to get up early.”「早起きしようとした(けどできなかった)」
“I tried getting up early.”「早起きをしてみた」

こんな差が出ます。
一度に覚えられなくてもOKです。徐々に覚えていきましょう!



では、もう一度“seek”「〜を探す」を英語で説明してみましょう。

(The word“seek”means) to try to find something(.)

“scream”

the word of today is …


“scream”



ご存知の英単語“scream”です。

日本語の意味は「悲鳴」「金切り声」です。

動詞の意味で「悲鳴を上げる」という意味もありますが、
今回は名詞の「悲鳴」でいきましょう。



さて、いつものように恐怖の質問が投げかけられます。

“Could you tell me what“scream”is?”


今日は、この質問に答えれるようになりましょう!


まず、日本語で「悲鳴」を説明してみましょう。


「傷つけられたり、驚いたりした誰かによる、大きな高い叫び声」


では“核”となる部分を決めましょう。

今回の核は「叫び声」にしましょうか。


“cry”です。



それでは、少しずつ説明文を作っていきましょう。

「大きな高い叫び声」



a loud high cry (※1)


「傷つけられたり、驚いたりした誰かによる、大きな高い叫び声」



a loud high cry made by somebody who is hurt or frightened (※2)


↑コレが英英辞典に書かれている文です。ここまでできたら完璧です!


※1 「核」の部分の名詞の冠詞をチェック!

“cry”は、(意外にも)可算名詞です。
そして、イニシャルが子音の“c”ですので、
冠詞は“a”を用いましょう。

ただ、ここで気をつけないといけないのが、
“cry”の前に“loud”と“high”がきています。

この場合は、“loud”のイニシャルをチェックです!
“loud”のイニシャルは“l”ですので、“a”を用いましょう。


※2 「名詞+分詞句」は、かなり使える!

さて、お馴染みになりつつある「名詞+分詞句」です。
今回は「名詞+過去分詞句」です。

「名詞+過去分詞句」と「名詞+現在分詞句」があるんですが、
これらの違いを説明します。

ポイントは、分詞と、分詞が修飾する名詞との関係です。例文です。

何度か紹介した例ですが、見てみましょう!

(A) an object with a thin shell“produced”by a female bird
(B) an object with a thin shell“containing”a young bird

(A)メス鳥によって「産まれる」(生産される)、薄い殻のついたもの。
(B)ひな鳥が中に「いる」(ひな鳥を「含んでいる」)、薄い殻のついたもの。

違いは、もうお分かりですね?

修飾する名詞に対して、
動詞が「能動態」になるか「受動態」になるかの違いです。

今回の場合、
“a loud high cry made by somebody who is hurt or frightened”

となっていますので、「名詞+過去分詞句」ですね。
「傷つけられたり、驚いたりした誰かによって "作られる"、
大きな高い叫び声」

是が非でも、使いこなせるようになりましょう!


主格の関係代名詞“who”と、コレを用いた受動態の文が今回は
使われています。

説明は省略しますが、押さえておきましょう!


では、もう一度“scream”「悲鳴」を英語で説明してみましょう。

(The word“scream”means) a loud high cry made by somebody

who is hurt or frightened(.)

“spy”

the word of today is …


“spy”


ご存知の英単語ですね。“spy”です。


日本語の意味は「〜をスパイする」「〜をこっそり見張る」です。



さて、いつものように恐怖の質問が投げかけられます。

“Could you tell me what “spy” is?”


今日は、この質問に答えれるようになりましょう!


まず、日本語で「〜をスパイする」を説明してみましょう。


「秘密の情報を得ようとすること」



では“核”となる部分を決めましょう。



今回は「〜しようとすること」にしましょうか。

“to try”です。



それでは、少しずつ説明文を作っていきましょう。

「得ようとすること」



to try to get (※1)


「秘密の情報を得ようとすること」



to try to get secret information (※2)


↑コレが英英辞典に書かれている文です。ここまでできたら完璧です!


日本語で「動詞」の説明をする時って、どんな言い方をしますか?

A:「尋ねるって、どういう意味ですか?」

B:「何らかの情報を得るために、誰かに質問をすることですよ。」

Bさんが言ったように、「〜すること」という言い方をしますよね?
ですから「不定詞の名詞的用法」で始めるパターンがほとんどです。

動詞の説明をする時は、これを頭に入れておいて下さいね!


では、(※)のポイントを説明します。

※1 文頭には「不定詞の名詞的用法」を!

“spy”という単語が知らない人に対して「〜をスパイする」という意味を
伝えるということは、“spy”と同じ意味、もしくは似た意味の英単語や
熟語を知っている必要があります。

「私、知っている英単語が少ないから…。」

大丈夫です。出てくるたびに覚えていけば良いんです!
そのための英英辞典メルマガなんですからね!

最初は出来なくても徐々にできるようになります。
ご安心下さい!

「〜をしようとする」という意味の“try”が登場しています。

不定詞の名詞的用法を用いて“to try”とすることによって、
「〜をしようとすること」となります。


さて、この“try”ですが、
“try to do”“try doing”で意味が変わってきます。
前者が「〜しようと努力する」、後者が「〜をやってみる」となります。

“try to do”は「やろうとするが、実際やったかは分からない」
“try doing”は「やってみる」
という意味があります。

過去形も意味が違います。例文を使って説明しますね。
“I tried to get up early.”「早起きしようとした(けどできなかった)」
“I tried getting up early.”「早起きをしてみた」

こんな差が出ます。
一度に覚えられなくてもOKです。徐々に覚えていきましょう!


※2 “information”は不可算名詞

さて、可算名詞、不可算名詞の話です。
“information”が出てきました。
コレは不可算名詞だとすぐわかりますね。
ですので、“secret”などの形容詞が前に付こうが、冠詞は必要ないです。

仮に“information”が可算名詞だったとしても、“secret”が前にあるので
“an”ではなく“a”を使って下さいね!


では、もう一度“spy”「〜をスパイする」を英語で説明してみましょう。

(The word“spy”means) to try to get secret information(.)

“silence”

the word of today is …


“silence”


ご存知の英単語だと思います。“silence”です。


日本語の意味は「沈黙」です。
似たような意味が多々ありますが、今回は「沈黙」でいきましょう!


さて、いつものように恐怖の質問が投げかけられます(笑)。

“Could you tell me what "silence" is?”


今日は、この質問に答えれるようになりましょう!


まず、日本語で「沈黙」を説明してみましょう。

「誰もが話をしていない状況」



では“核”となる部分を決めましょう。



今回は「状況」にしましょうか。

“situation”です。



少しずつ説明文を作っていきましょう。

「状況」

a situation (※1)


「誰もが話をしていない状況」

a situation when nobody is speaking (※2)


↑コレが英英辞典に書かれている文です。ここまでできたら完璧です!


では、(※)のポイントを説明します。

※1 「核」の部分の名詞の冠詞をチェック!

“situation”は、可算名詞です。
そして、イニシャルが子音の“s”なので、“a”を用いましょう。
また、特定する必要はないので、“the”にする必要はありませんね。
(「沈黙」という状況は、あちこちにありますからね。)


※2 関係副詞“when”

関係副詞の“when”です。
やや深めに説明しますね。

関係副詞には、“when”“where”“why”“how”があり、
関係代名詞が「接続詞と代名詞」を兼ねるのに対して、
関係副詞は、「接続詞と副詞」の働きをします。そのままですね(笑)。

今回の“when”を使って例文を出しますね。

(A) Let me know the time. + (B) He will arrive at the time.

(A)+(B)“Let me know the time when he will arrive.”
「彼が着く日を教えて下さい。」

“when = at which”です。関係代名詞を用いて表すと“at which”です。

関係副詞を用いると“when”の1語で表せます。

先行詞が時を表す語 “when”
先行詞が場所を表す語“where”
先行詞が理由を表す語“why”
先行詞なし “how”


確認のため、もう一つ例文です
“the morning when he was born”
「彼が生まれた朝」

OKですか?



あと“nobody”の使い方は大丈夫ですか?

“Everybody is not speaking.”=“Nobody is speaking.”
「誰もが話をしていない。」


では、もう一度“silence”「沈黙」を英語で説明してみましょう。

(The word“silence”means) a situation when nobody is speaking(.)

“sing”

the word of today is …


“sing”


ご存知の英単語“sing”です。


日本語の意味は「歌う」です。

「鳥がさえずる」などの意味もありますが、
今回は「歌う」を説明できるようになりましょう!


そして、恐怖の質問が投げかけられます(笑)。

“Could you tell me what "sing" is?”


今日は、この質問に答えれるようになりましょう!


まず、日本語で「歌う」を説明してみましょう。

「声を使うことよって、音楽的な音や調子を作ること」



では“核”となる部分を決めましょう。



今回は「作ること」にしましょうか。

“to make”です。


「音楽的な音を作ること」

to make musical sounds (※1)


「音楽的な音や調子を作ること」

to make musical sounds or rhythm (※2)


「声を使うことによって、音楽的な音や調子を作ること」

to make musical sounds or rhythm with your voice (※3)


↑コレが英英辞典に書かれている文です。ここまでできたら完璧です!


日本語で「動詞」の説明をする時って、どんな言い方をしますか?

A:「尋ねるって、どういう意味ですか?」

B:「何らかの情報を得るために、誰かに質問をすることですよ。」

Bさんが言ったように、「〜すること」という言い方をしますよね?
ですから「不定詞の名詞的用法」で始めるパターンがほとんどです。

動詞の説明をする時は、これを頭に入れておいて下さいね!



では、(※)のポイントを説明します。

※1 文頭には「不定詞の名詞的用法」を & 複数形の“s”

“sing”という単語が知らない人に対して「歌う」という意味を
伝えるということは、“sing”と同じ意味、もしくは似た意味の
英単語や熟語を知っている必要があります。

「私、知っている英単語が少ないから…。」

大丈夫です。出てくるたびに覚えていけば良いんです!
そのための英英辞典メルマガなんですからね!

最初は出来なくても徐々にできるようになります。
ご安心下さい!

「作る」の“make”が登場しています。おなじみですね。

不定詞の名詞的用法を用いて“to make”とすることによって、
「作ること」となります。


あと、“sounds”の複数形の“s”をお忘れなく!

“sound”「音」は、意外にも可算名詞(数えられる名詞)なんです。
意味によっては不可算名詞(数えられない名詞)になることもありますが、
「音」という意味のときは可算名詞ですので、覚えておいて下さいね。


※2 “or”を用いて情報を補足する

何度も登場していますね。“or”です。

クドいようですが、繰り返し説明しますね。

日本語で何かを説明する時、どんな言い方をしますか?

「これは、〜というもので、…で、○○です。もしくは××です。」
という感じで、付け足し付け足ししながら、説明しますよね?

英語でも同じです。

付け足す時に便利な単語の代表が3つあります。

“and”“with”そして、“or”です。

今回は“or”で補足説明しています。

「音」と「調子」という違った例を2つ出すことにより、
知的な感じがグッと増し、「あの人は話せる人だな」と錯覚させることが
できますよ(笑)

ちなみに“rhythm”は、基本的には不可算名詞です。

意味によって可算名詞になることもありますが、不可算名詞と覚えて
問題ないと思います。


※3 手段の“with”

「あれ?昨日は、手段の“by”って言ってなかったっけ?」

はい!
そう言いました。

ただ、「手段」を表す“with”もあるんです。

以前にも、これらの違いを一度説明しました。
コレに関しては、相当の慣れが必要ですので、出てくるたびに説明しますね!


使い分けることが非常に難しい“by”と“with”

「意味は同じなんだから、どっちでもいいのかな?」と
思ってしまいそうなんですが、実は、使い分ける必要があります。
(使い分けられなくても英語圏の人には通じますが、試験では×です)


“with”と“by”を比較しながら説明しますね。

“by”が表す手段は、主に「交通手段」「通信方法」
例えば“by train”“by letter”など。

“with”が表す手段は、主に「道具」「材料」「体の一部」「体から発する物」
例えば“with knife”“with my hand”
“Birds fly with their wings.”「鳥は羽を使って飛んでいる」

あえて違いを述べるならこんなな感じです。


一気に覚える必要はありません。

このメルマガは、暗記が目的ではありません。

「こんなの分からない」

「前に、こんなこと言ってたような…」

「あ!コレは、こういう風にやるはず!」

「コレは楽勝♪何回も練習したもんね」

このステップを目的としています。このメルマガのキーワードは、
「慣れ」です。

焦らず、じっくりといきましょうね!


では、もう一度“sing”「歌う」を英語で説明してみましょう。

(The word“sing”means) to make musical sounds or rhythm

with your voice(.)

“school”

the word of today is …


“school”



ご存知の英単語“school”です。


日本語の意味は「学校」です。



そして、恐怖の質問が投げかけられます(笑)。

“Could you tell me what "school" is?”



今日は、この質問に答えれるようになりましょう!



日本語で「学校」を説明してみましょう。

「子ども達が教育を受けるために行く場所」




では“核”となる単語(名詞句)を決めましょう。



そして、どうするんでしたっけ??


そうです。ここへドンドンと補足をしていくんです!



今回は、「場所」を核にしてみましょう。

“place”です。



「場所」

a place (※1)


「子ども達が行く場所」

a place where children go to (※2)


「子ども達が教育を受けるために行く場所」

a place where children go to be educated (※3)


↑コレが英英辞典に書かれている文です。
ここまでできたら完璧です!


(※)のポイントを説明します。

※1 名詞が出てきたら、冠詞をチェック!

“place”は可算名詞(数えられる名詞)です。
そして、特定する必要はありませんので“a”です。


※2 関係副詞“where”

初登場の関係副詞ですね。
では、関係副詞について説明しますね。

関係副詞には、“where”“when”“why”“how”があり、
関係代名詞が「接続詞と代名詞」を兼ねるのに対して、
関係副詞は、「接続詞と副詞」の働きをします。
そのままですね(笑)。

今回の“where”を使って例文を出しますね。

@ I remember the place. + A I first met you at first place.

@+A“I remember the place where I first met you.”
「私は、初めて君に会った場所を覚えています。」

“where = at which”です。関係代名詞を用いて表すと“at which”です。

関係副詞を用いると“where”の1語で表せます。

先行詞が場所を表す語“where”
先行詞が時を表す語 “when”
先行詞が理由を表す語“why”
先行詞なし “how”

“when”“why”“how”については、登場したら説明しますね。


今回の“school”のように場所を説明する際は、関係副詞の“where”を
用いて説明するパターンが非常に多いと思います。

英語圏の方々が知らないような日本の有名な観光地などを説明する際に、
サラっと“where”が出てきたら、何とカッコいいことでしょう!

是非、覚えておきたいですね!


※3 「目的」を表す、不定詞の副詞的用法(〜をするために)

不定詞を知っているが「名詞的用法」「形容詞的用法」「副詞的用法」の
区別が付かない、という方は多いかと思います。

結論から言えば、そんなに気にする必要はありません。
見分けができる方が、良いに越したことがないというくらいです。

例文です。
“I went to Bob's house to meet him.”
「ボブに会うために、彼の家へ行った。」

“to meet”が、不定詞ですね。「会うために」という意味を成します。

では、今回の“school”の説明文は、なぜ“to be educated”というように
“be”が含まれているのでしょうか?

分かりますね?

「受動態」ですね。「教育を受けるために」という意味ですからね。
スピーキングの時、受動態はなかなか言えないものです。
何でもそうですが「慣れ」が大事です。


※補足 “a”でも“the”でもOKのパターン

さて、私は3つの英英辞典を持っておりまして、そのうちの2つは“a place”
1つは“the place”で始まっています。

確かに、※1で言ったように、“place”は一つではないし特定する必要は
無いので、“a”でOKなんですが、仮に特定してもOKですよね?

その「特定」のニュアンスですが、「この場所」という一点を指すような
「特定」ではなく、色々な種類がある「場所」の中で、「教育を受ける場所」
という「特定」をするというニュアンスです。

そして、関係副詞を用いる際、先行詞の冠詞は通例“the”です。

これは、冠詞のない「日本語」が母国語である日本人には、
少々キツ過ぎる部分ですね。

しかし、弱音を吐いてはいられません!継続あるのみです!


では、もう一度“school”「学校」を英語で説明してみましょう。

(The word“school”means) a place where children go to be educated(.)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。